メタボリックシンドローム

トップページ
メタボリックシンドロームの現状
メタボリックシンドロームの診断基準
メタボリックシンドロームの原因
メタボリックシンドロームは男性の方がなりやすい
メタボリックシンドロームの落とし穴
メタボリックシンドロームと便利な現代社会
メタボリックシンドロームと時代の変化
内臓脂肪とは何か?
内臓脂肪の付き過ぎは極めて危険!
内臓脂肪を落とす方法
有酸素運動とは何か?
有酸素運動をする時のポイント@
有酸素運動をする時のポイントA
有酸素運動器具選びのポイント@
有酸素運動器具選びのポイントA
有酸素運動器具紹介@ステッパーについて
有酸素運動器具紹介Aエアロバイクについて
有酸素運動器具紹介Bウォーキングマシンについて
有酸素運動器具紹介C乗馬器具について
無酸素運動とは何か?
メタボリックシンドローム予防・改善には食生活の改善が必須

メタボリックシンドローム>メタボリックシンドロームの現状

厚生労働省の発表によると、メタボリックシンドロームが強く疑われる人と
予備群と考えられる人を合わせた割合は、平成16年時点では男女とも
40歳以上で高いそうです。特に中高年の男性が高くなっています。

40〜74歳では、メタボリックシンドロームが強く疑われる人は約940万人、
メタボリックシンドローム予備群とされる人は約1,020万人で、あわせて
約1,960万人と推計されています。40〜74歳の男性の2人に1人、
女性の5人に1人がメタボリックシンドロームが強く疑われる、もしくは
その予備群という結果になっています。

上記から、現在の日本のメタボリックシンドロームは、非常に深刻な問題に
なってしまっています。ただ、救いなのは日常生活の改善で予防・改善が
できることです。食生活の改善や運動を行うなどのちょっとしたことで、
自分の将来を大きく変えることができます。

メタボリックシンドローム

バランスのとれた食事を心がけよう!
食べるものだけでなく調理方法の改善も必要!
朝食・昼食・夕食それぞれの役割
食物繊維はガンガンとるべし!
飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸とは何か?
炭水化物を摂るときはバランスを考えよう!
コレステロールの摂り過ぎに注意!
夜更かしと夜食は厳禁!
冷たいものの食べ過ぎや飲み過ぎはお腹に脂肪が付きやすくなる
早食いはメタボリックシンドロームの一因
外食時のポイント
睡眠不足は過食を招く!
お酒の飲み過ぎは極めて危険!
お酒を『百薬の長』のまま楽しむ方法
喫煙はメタボリックシンドロームの一因
メタボリックシンドロームと加齢・ストレスの関係
ストレスはメタボリックシンドロームを招く
ストレッサーとは何か?

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system